読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミングなんてわからないんですけど〜

元プログラマによるプライベートでのプログラミング日記。たぶん1/3くらいしかプログラミングの話はしません

片付けに飽きたのでMacBook Air 2011にUbuntu Desktop 17.04を入れてみた

いやま、題名のとおりなんですけど、部屋の中がとっちらかっていて片付けするのにも飽きたので何かすることないかなーと思ったのですよ。で、MacBook Air 2011にUbuntu Desktop 17.04を入れてみました。

なぜMBA2011かというと、まずハードとして枯れているのでドライバ関係で苦労しないだろうというのが一つと、うちにあるマシンがいろいろな理由で売り物にならないほど改造というかニコイチしているものなので、環境壊しても問題ないだろうというのがありました。

さて、Ubuntuのインストールメディアですが、手抜きでMBAにDVDドライブ接続してOS Xからダウンロード&ディスク書き込みしています。

あとはインストールするだけですが、念の為OS XでiCloud関連の設定を解除しています。面倒ですもんね。インストール自体はDVDから起動してSSD全部使うことにしました。いやほんと、インストール楽ですわ。キーボードがなぜかUS配列なのでその設定だけきちんとしたら日本語版としてインストールできました。

インストールが終わって再起動してみましたが、UEFIがらみでなにか特別なことをするわけでもなく、すぐにUbuntuが起動しました。

カメラは試していませんが、無線LANとBluetooth、音声出力絡みは問題なさそうです。Thunderboltは試していません。ちなみに、私はブラウザはChrome派なので、さくっと入れ替えました。ちょっと面倒だったけど。

んなわけで、トラブルなくインストールできてこの記事をMBAから書いているわけです。この記事はこれで終わりですが、そろそろFull HDか4Kのノートかタブレットが欲しいところですなあ。